マンション化率85%は全国一!「千代田区」での分譲マンションの実態調査

不動産×ITコラム
東京の中心地・千代田区は、マンション化率が85%と言われているほどマンション居住者が区民の大多数を占めています。千代田区はいわば全国一のマンション居住地域であり、最も早くマンションが普及した自治体です。それだけに、高経年のマンションも多く、マンションが“永住の場”となっているのが特徴的です。その千代田区で、興味深いマンションの実態調査結果がこのほど報告されました。題して、「千代田区の分譲マンション実態調査報告書(平成30年度)」。以下、その全容を紐解いてみましょう。
続きを読む

マンションの“永住派”が過去最高の62%に!!~2018年度の全国マンション総合調査」で判明~

不動産×ITコラム
集合住宅と言われるマンションも、最近は地方都市にまで普及し、すっかり都市の住宅として定着しました。東京都のJR山手線内にいたっては新しい戸建て住宅が見られなくなり、ニョキニョキ建つのはコンクリートのマンションばかりで、それも見上げるような超高層タワーマンションの全盛期です。そこで国交省では、都市住宅として定着したマンションの全国調査を実施し、「2018年度全国マンション総合調査」としてまとめ、公表しました。これは5年に1回実施しているもので、2018年11~12月に調査し、全国のマンション管理組合1,688戸、区分所有者3,211人が回答しました。
続きを読む